TOP  >  看護部

看護部

看護部の理念 方針 良質で、安全な、根拠のある看護・介護を実践する。

  • 1 専門職としての自覚をもち、自己研鑽に努めます
  • 2 ヒヤリ・ハットを分析し、事故防止に努めます
  • 3 目標を共有し、チーム力を高めてケアします

私たち看護部は、病院の理念に基づき、上記のような方針を上げています。
大きな病院にはないアットホームな雰囲気の病院を目指しながら、患者様も職員も一人ひとりを大切にする環境作りに努めています。
美須賀病院に入院(通院)してよかった、美須賀病院で一緒に仕事ができてよかったと言ってもらえるように!

看護部総師長からのご挨拶

常に患者様の代弁者であれるように

ホームページをご覧いただきありがとうございます。
医療を取り巻く環境は、超高齢化社会の中で、機能分化が推進されています。また、急性期の入院期間が短縮され、急性期病院からの紹介も増えてきて、益々連携の必要性を感じています。そして、当院の役割も明確になってきました。当院の強みを活かし急性期から回復期、そして在宅復帰(施設)までのリハビリや療養のお役に立てるよう努力したいと考えております。
私は、今治沖の島で生まれ、交通手段も十分ではなく、医療・教育・芸術等の地域格差に疑問を持ちながら育ちました。でも、看護の基本は、病院や施設が大きくても小さくても変わらないと思います。また格差があってはならないとも思っています。
私たちは、看護とは何か、私たちは何をするべきかを考えながら、常に患者様の代弁者であれるよう心掛けています。

「て・あーて」に学ぶ

川嶋みどり先生にご指導頂いて

平成25年5月に、看護部の学習会で川嶋みどり先生の講演会を実施しました。川嶋先生の教えを胸にジェネラリストとしての自負を持ち、日々の看護に取り組んでいます。また、26年には、川嶋みどり先生が代表を務める一般社団法人日本て・あーて,TE・ARTE,推進協会主催の“て・あーて塾”に参加の機会を得ました。文字通り手を使ったケアの理論や実技等豊かな学びを頂きました。川嶋先生から「学びの真髄に触れながら主体的学習の面白さを体験してほしい。自らの経験知を言語化し、表出し、討論し、共有する質の高い看護実践に通じる道筋を考え、実践を阻む要因を探り、その解決策を実行する具体策を出していくように」と言われました。
講演会の感動を風化させない為に、また看護の基本に立ち返るために、そして看護とは何か、私たちは何をすればいいのかを深く考えるためにも、川嶋先生の講演記録を一冊にまとめようと思い立ち、平成27年9月に出版しました。
平成27年には、“て・あーて塾”が今治で開催され、スタッフが数名参加しました。“て・あーて塾”で学んだ仲間が増えたので、この学びを現場にフィードバックし、みんなで「て・あーて」に取り組んでいます。

※当院で実施している「て・あーて」
手や足の浮腫や循環不全に対するマッサージ、爪の変形や循環不全、浮腫に対する爪周囲のマッサージ。呼吸不全や、腹臥位療法時の臥床時・座位時の背部マッサージ等


腰痛予防対策

当院では、2015年からリハビリ部門と協力して、患者さんを抱えない・持ち上げないノーリフティングに取り組んでいます。
先進諸国では、20年も前から取り組まれていますが、日本でもノーリフティング協会が設立され、各地で取り組みが進んでいます。当院でも、患者さんも介護者も楽なノーリフティングの取り組みを始めています。
取り組む前は、患者さんをベッドから車いすやストレッチャー(寝台)に移す時、体の下にバスタオルを敷き、4人がかりで「セーノ」や「ヨイショ!」の掛け声とともに持ち上げていました。またベッド上の移動も二人で抱えて行っていました。しかし、ノーリフティングは、文字通り持ち上げないのです。スライディングシートやスライディングボード又はリフトを用いて全く抱えることなく移動・移乗ができるのです。
導入に当たっては、研修会を何度も開催しました。研修会では講義の後、演習の時間を取って繰り返し実施しました。参加者の感想は、「する側もされる側も楽」でした。そして、スライディングシート、スライディングボード、ターンテーブル、リフト等多くの福祉用具を購入しリーダーを養成して現場で使用しています。

働きやすい職場環境

働きやすい職場環境

私は、職場環境を語る時、「働きやすい職場を目指す」と言ってきましたが、人間関係や風土といったことばかりに注目し、物的環境になかなか目がいかなかったことを反省しています。
私たちの医療・看護・介護の職場は、3K(きつい・きたない・きけん)と言われていますが、私自身それは仕方ないことと思ってきました。しかし、「無知は罪」だと実感します。新しい・正しい知識と技術を習得して、看護・介護の質の向上に努めたいと意を新たにしています。
そして、同じ3Kでも感謝・輝き・感動と胸を張りたいものです。
また、在宅介護をされている地域の皆様への情報発信、相談等もできたらいいなあと思っています。
日本では、機械による介護は冷たいと思われ、人の手による介護が推奨されてきました。確かに、人の手による介護の温かみやスキンシップの大切さは否定できません。しかし本当に介護はすべて人の手で行うべきなのでしょうか?介護機器の使用は冷たいものでしょうか?決してそうではありません。職員が元気になるし、患者さんも苦痛が少ないそうです。実際に在宅で使用している患者さん・ご家族からは、病院ではなぜ介護機器を使用してくれないのかと言われたこともあります。人の力には限界があります。機械の力を借りてよりよいケア、質の向上を目指したいと思います。


恩送り

私たちは、今治看護専門学校の臨床実習を受け入れています。看護は楽しい・素晴らしいと思ってもらえるよう、自分たちも育ててもらったことに感謝しながら、微力ながら少しでも恩送りができるよう、学校や後輩のお役に立てるよう、取り組んでいます。
今後の課題として地域の皆様とどう繋がっていくか、在宅介護との連携の構築に取り組みたいと考えております。ご支援のほど宜しくお願いいたします。

看護部総師長 重見 美千代

教育・研修

教育・研修

看護部教育委員会で、ほぼ毎月研修会を実施しております。
また、看護協会をはじめ、各種の研修会・学会に参加しています。
新人教育は、済生会今治病院での集合研修に2009年から参加させていただいております。もちろん、当院での指導もチームで関わるよう、人材を大切に育てようと取り組んでいます。
一人ひとりの成長レベルに添って、丁寧なかかわりを目指しております。新人もスタッフの大切な一員として自由に発言ができるよう、支援に努めております。
働きながら学校へ行く看護学生にとっての労働環境は、高い評価を得ています。ここ数年、卒業生が数名残ってくれました。嬉しいことです。大きな病院を希望して辞めていく学生もいますが、どこかで資格を生かしてくれればいいと広い心で見守っています。

外来部門紹介

外来部門紹介

入院期間の短縮とともに、外来看護も多くを期待されるようになり、また、その役割も多岐にわたっています。入院からの継続看護ができるようにと、介護サービスの実態を記入した生活状況票を作成し、患者様やご家族の生活を視野に入れた支援を心がけています。
私たち外来看護師は、勤続年数30年以上のものも多く、長年通院されている患者様からは安心だとのお言葉をいただくこともあります。日々高齢者の方々の気持ちに寄り添えるように努力しています。
わからないことは一緒に調べながら、どうすることが患者様のためになるか、どんな工夫があるか、どんなサービスを入れればいいか等、微力ながら在宅生活を支える一助になればと考えています。お気軽にご相談ください。