TOP  >  入院・病棟のご案内

入院・病棟のご案内

  • 一般病棟
  • 回復期リハビリテーション病棟
  • 療養病棟

入院のご案内

1 入院の手続き

入院されましたら、入院誓約書と寝具貸出伝票に必要事項を記入のうえ、看護師に提出してください。

2 入院時に必要な物

印鑑、洗面用具(歯磨きセット等)、食器類(お箸、スプーン、小さいやかん、コップ等)、ねまき、スリッパ、又はリハビリシューズ、バスタオル、タオル、ティシュペーパー等
 
※私物には、必ず名前を記入してください。
※衣類、タオルをはじめ、入院時に必要なセット(患者様と業者の直接有料契約となります。)もご利用いただけます。
詳しくは看護師にご相談ください。

3 面会

面会時間は患者様の病状に及ぼす影響や周囲への迷惑を考慮して、下記の通り定めてありますのでお守りください。
【面会時間】午後2時~午後8時

4 設備品・貸与品等について

当病院の設備品・貸与品等を破損又は紛失された際は看護師にお申し出ください。
場合によっては弁済していただくことがあります。

5 電気製品の持込みについて

私物の電気製品はなるべく使わないようにしてください。
もしパソコン・ラジオ・扇風機・電気毛布・アンカ等のご利用を希望される場合は、必ず看護師にご連絡ください。尚、この他ご不明な点があればご遠慮なく看護師にお尋ねください。

入院のご案内(PDFファイル:370KB)

adobe

PDFファイルを閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

6 入院費のお支払いについて

入院料その他の諸料金は毎月、月末〆切りで精算し、翌月10日(土・日祝祭日に当る場合は翌診療日)に各病室へお配りいたします。
【当日のお支払時間帯】
 4階ナースステーション 午後3時~午後3時30分
 3階ナースステーション 午後3時30分~午後4時

上記の時間帯以外については1階の総合受付にて午後5時30分まで行います。翌日からのお支払いは総合受付にてお願いします。

【総合受付でのお支払時間帯】
 月曜日~金曜日 午前9時~午後5時30分
 土曜日     午前9時~午後1時
 
 ※毎月、保険情報を確認させていただいております。
 入院費のお支払いの際には、必ず保険証等をご提示ください。

7 入院中に守っていただくこと

  • ・許可なくナースステーションに入るのはご遠慮ください。
  • ・外出、外泊は必ず担当医の許可が必要です。
  • 病院内での飲酒は固く禁じます。
  • ・盗難防止のため、貴重品は持ち込まないようお願いします。
  • ・整理整頓のためベッドの周囲には、物を置かないでください。
  • ・入院患者様の車の駐車場への放置はお断りします。
     その日の内にご自宅へお持ち帰りください。
  • ・院内での携帯電話等の使用は、所定の場所にてお願いします。
  • ・院内は禁煙です。所定の場所にてお願いします。
  • ・地震、火災など非常事態が発生したときは、看護師・医師・職員
     の誘導にしたがってください。

 
※ご相談、ご希望がありましたら、ご遠慮なくお近くの職員までお申し出ください。

一般病棟

急性期の患者様や症状の不安定な患者様(投薬・注射・検査・手術・急性期リハビリテーション等を必要とする)が対象となります。
異常の早期発見に努めながら、早期治療に対する看護の治療的側面に力を入れています。
栄養サポートチーム、褥瘡チーム等、他職種との連携を図り、積極的なカンファレンスを行い、チーム医療に取り組んでいます。
また、院内のみならず、近隣の急性期病院との連携を図るとともに、地域との連携を密にして在宅復帰支援に取り組んでいます。

このページのTOPへ

回復期リハビリテーション病棟

日常生活動作(ADL)能力の向上による「寝たきりの防止」と「家庭復帰」を目的に、リハビリテーションを集中的に行う病棟です。
但し下記のような条件がありますが、入棟前に1日6単位以上のリハビリテーションが提供されていた場合は、条件が変わる場合があります。
(詳しくはナースステーションでご相談ください。)

疾患名又は状態 いつまで 入棟期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後若しくは手術後の状態又は義肢装着訓練を要する状態 発症後又は手術後2か月以内に入院 150日間以内
(ただし病名によっては180日以内)
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節若しくは膝関節の骨折又は2肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 発症後又は手術後2か月以内に入院 最大90日以内
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態 手術後又は発症後2か月以内に入院 最大90日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 損傷後1か月以内に入院 最大60日以内
股関節又は膝関節の置換術後の状態 損傷後1か月以内に入院 最大90日以内

回復期リハビリテーション病棟はこちらから

このページのTOPへ

療養病棟

症状がある程度安定し、一般病棟ほど積極的な治療を必要としなくなった患者様が対象となります。
病気の治療と、障害の悪化の防止、または、少しでも自立した日常生活ができるように援助する病棟です。かなり重度の障害があり、全介助の患者様も多く入院されておりますが、寝かせきりにならないよう「ノーリフト」に取り組んでいます。
また、療養病棟では、入院している患者様の「生活の場」として療養環境を整え、笑顔で日々の生活が送れるよう、レクリエーション等では患者様と共に昔ながらの室礼(しつらい)を教えていただきながら季節の行事を取り入れています。
働きやすい職場環境を目標に、「ノーリフト」の他に「フィッシュ哲学」を取り入れています。